メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

震源と遠くで大きく揺れる地震? 地下深くで発生、硬いプレート伝わる=回答・信田真由美

異常震域発生のメカニズム

 なるほドリ 7月28日の未明にあった地震(じしん)は震源(しんげん)から遠くで大きく揺(ゆ)れたんだってね。

 記者 震源は三重県南東沖(おき)の地下でしたが、三重県では人間が揺れを感じる震度(しんど)1以上は全く観測されませんでした。ところが、震源の真上に当たる地表の震央(しんおう)から約600キロ離(はな)れた宮城県で、この地震最大の震度4の揺れを観測しました。一般(いっぱん)的な地震は震央付近で揺れが最も大きくなり、同心円状に遠くなるほど小さくなっていきます。今回のような現象は通常の地震と異なるので「異常震域(いじょうしんいき)」と呼ばれます。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです