メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

五輪を平和発信の機会に=会社員・佐々木晋・58

 (北海道恵庭市)

 1991年にインドネシア人女性と結婚した。戦後46年がたっていたが、それでも彼女の母親からは「日本人だから」という理由で猛反対された。戦争中、インドネシアは日本に約3年半占領されたが、その間に母親の家族がひどい仕打ちを受けたらしい。たとえ何十年たっても、被害者の傷は完全には癒えないのだ。

 また、多くのインドネシア人は「バカヤロー」という日本語を知っている。日本占領時にインドネシア人は頻…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです