メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「米が戦うなら我々も」 貿易摩擦で大使

 中国の張軍国連大使は2日、米ニューヨークの国連本部でロイター通信などと会見し、米中貿易摩擦について「米国が対話を望むなら我々は対話をする。もし米国が戦いたいなら、我々も戦う」と語った。その上で、北朝鮮核問題での米中の協力に関して「一方で協力を求めながら、他方で相手の利益を損なうというのは想像できない」と述べ、貿易摩擦が影響する可能性を示唆した。

 中国の外務次官補を務めた張氏は7月30日に着任。北朝鮮の非核化について、張氏は「制裁を維持しながら、(北朝鮮に対し)最大限の要求もすることはできない」と述べ、制裁緩和も並行して進めるべきだとの考えを示した。一方で「中国は責任ある方法で安保理決議による制裁を履行している」と強調し、中国が制裁逃れを黙認しているとの見方を改めて否定した。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元ソフトバンクの摂津氏が白血病 骨髄ドナー増えること願って公表

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです