メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

ベビーカー、熱中症防ぐには

レスキューマップで紹介されている高島屋新宿店9階の「カフェ タバサ ZUSSO」では、ベビーカーで来店した客にお茶をプレゼントしている

 <くらしナビ ライフスタイル>

 梅雨が明け、本格的な夏が到来した。体温調節機能が未発達な子どもは、大人よりも熱中症に注意が必要だ。特にベビーカーは高温になりやすいため、外出時はこまめな水分補給や休憩を心掛けたい。

 ●体温調整まだ苦手

 5月下旬、東京都港区の診療所「サニーガーデンこどもクリニック」に、8カ月の赤ちゃんを連れた母親が飛び込んできた。「寝ていると思ったら、いつの間にか子どもがぐったりしていた」と、焦った様子で訴えた。ベビーカーに乗せて商店街や公園などを約2時間、歩いていたという。体温を測ると38度以上あった。首里京子院長は軽度の熱中症と診断。赤ちゃんに水分を与え、脇などに保冷剤を当ててあげると、1時間ほどで回復した。

 猛暑だった昨年、総務省消防庁の統計では5~9月に熱中症で救急搬送された乳幼児は前年の倍の967人に…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1464文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです