メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

ベビーカー、熱中症防ぐには

レスキューマップで紹介されている高島屋新宿店9階の「カフェ タバサ ZUSSO」では、ベビーカーで来店した客にお茶をプレゼントしている

 <くらしナビ ライフスタイル>

 梅雨が明け、本格的な夏が到来した。体温調節機能が未発達な子どもは、大人よりも熱中症に注意が必要だ。特にベビーカーは高温になりやすいため、外出時はこまめな水分補給や休憩を心掛けたい。

 ●体温調整まだ苦手

 5月下旬、東京都港区の診療所「サニーガーデンこどもクリニック」に、8カ月の赤ちゃんを連れた母親が飛び込んできた。「寝ていると思ったら、いつの間にか子どもがぐったりしていた」と、焦った様子で訴えた。ベビーカーに乗せて商店街や公園などを約2時間、歩いていたという。体温を測ると38度以上あった。首里京子院長は軽度の熱中症と診断。赤ちゃんに水分を与え、脇などに保冷剤を当ててあげると、1時間ほどで回復した。

 猛暑だった昨年、総務省消防庁の統計では5~9月に熱中症で救急搬送された乳幼児は前年の倍の967人に上った。今年は梅雨の間は涼しかったが、今後の気温は平年並みか平年より高めと予想されている。

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです