メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『私のイラストレーション史』=南伸坊・著・装丁・挿画

 (亜紀書房・1944円)

「冗談は芸術の尖兵」と確信

 高校入試、大学入試、就職試験、どれにも失敗する。その失敗のたびに、自分の会いたかった人に近づいていった。ありがたいことだな、しあわせなことだな、と思う。著者はまずそう書き始める。「ひょっとすると、この本は幸運がめぐってくる本かもしれませんよ」。さすがに上手な「まえがき」ですね。

 南伸坊は一九四七年生まれ、典型的な団塊の世代である。イラストレーターだが、そもそもそういう言葉が生…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです