メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『中国が世界を動かした「1968」』=楊海英・編

 (藤原書店・3240円)

 人は誰しも、隣の芝を青く見たいし、理想を他者に投影したがるもの。だが実際は、隣で芝が血塗られており、理想が地に落ちていたら……。中国を大混乱させた文化大革命の実像と、主に西側諸国の左派に与えた影響を並べて、両者のギャップと中国側も意図しなかった余波の拡大などについて描いた論集である。

 特に、中国国内で文革に否定的な態度を取って処刑された若者たちのライフヒストリーは、戦前戦中の日本を…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです