メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

ボクシング 堤と荒竹2連覇

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第8日は3日、宮崎市総合体育館などで8競技が行われ、ボクシングはライト級の堤麗斗(千葉・習志野)、ピン級の荒竹一真(鹿児島・鹿屋工)がともに2連覇を達成した。

 バレーボール男子決勝は、松本国際(長野)が東北(宮城)を3-1で降し、8年ぶり2度目の優勝を果たした。

 重量挙げ男子96キロ級は不破翔大(神奈川・日大藤沢)がスナッチ131キロ、ジャーク162キロのトータル293キロで優勝。102キロ級は広瀬憲人(福井・坂井)、102キロ超級は羽田創(北海道・士別翔雲)が制した。学校対抗では飯田(石川)が勝った。

 カヌーは台風の影響で4日間の日程が2日間に短縮され、競技が始まった。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです