メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

DeNA6-5巨人 ラミ、ひらめき采配

 DeNAが終盤に勝ち越し、競り勝った。同点とされた直後の八回、宮崎の二塁打を足がかりに1死三塁とし、捕逸で勝ち越した。巨人は岡本の3ランなどで5点差を追いつく粘りを見せたが、バッテリーミスが響いて4連敗。

 普段はデータを重視するDeNAのラミレス監督だが、「20%はひらめきが重要」だという。1、2位の直接対決の明暗を分けた八回。監督の言う「20%」の部分が、相手に傾きかけた流れを引き戻した。セットアッパーのパットンが打たれ、2点差を追いつかれた直後の八回無死二塁。マウンドに送り込まれた4番手のエスコバーは丸を156キロ直球で中飛にねじ伏せ、岡本の申告敬遠を挟んで亀井は二ゴロ。チ…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです