メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ

わずか3日、少女像の展示中止 津田監督「表現の自由後退、自分の責任」 知事「脅迫受け安全考慮」

「表現の不自由展・その後」コーナーで、大勢の来場者が鑑賞する「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年8月3日午後1時26分、山田泰生撮影

 名古屋市などで開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を題材とする韓国人作家の「平和の少女像」が出品され、同市の河村たかし市長が撤去を要請していた問題で、主催する実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は3日記者会見し、像を展示していた「表現の不自由展・その後」コーナーを同日限りで打ち切ると発表した。多数の抗議を受け関係者や観客の安全を考慮したといい、同コーナーは1日の開幕から3日間で中止に追い込まれた。【竹田直人、野村阿悠子】

 大村知事は中止の理由について「観覧者に安心、安全で楽しく見学してもらうため判断した」と説明した。像…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです