あいちトリエンナーレ

わずか3日、少女像の展示中止 河本志朗・日本大教授、五十嵐太郎・東北大大学院教授の話

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

事前の対策、必要だった 河本志朗・日本大教授(危機管理学)

 慰安婦が題材の少女像を展示すれば反発が高まるのは必至で、対策が整っていなかったのであれば、想像力が欠如していたと言わざるを得ない。日韓関係が冷え込んでいるのは今に始まった話ではなく、覚悟を持って展示を行うのであれば、事前に警察と連携し脅迫などへの対応を協議しておくべきだ。警備員を確保するほか、入場者の手荷物検査も想定した対策も必要だった。脅迫に屈して展示を中止したと…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集