メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

君は聖火を見たか

五輪と平和/7止 戦没選手の無念追う 元代表が聞き取り、原点は原爆

戦没オリンピアンの斎藤巍洋さんについて、メダルや写真を見ながら話を聞く曽根幹子さん(左)=東京都杉並区で2019年7月29日、手塚耕一郎撮影

 五輪出場後に戦争などで命を奪われた「戦没オリンピアン」。その足跡を、元五輪選手が追っている。

 7月末、広島市立大名誉教授の曽根幹子さん(66)は遺族への聞き取り調査のため東京都内にいた。自身、走り高跳びで1976年モントリオール五輪に出場した。この日訪ねた先は、24年パリ五輪で競泳100メートル背泳ぎ6位の斎藤巍洋(たかひろ)さんの義娘・麗子さん(83)。古い写真やメダルを見ながら質問を重ねていく。「どんな人柄だったのでしょう?」「慕っていた人たちがよく家に集まり、一緒に近くのプールに泳ぎに行っていたようです」--。

 毎日新聞記者だった斎藤さんは指導者としても優れていた。当時は珍しかった水泳の教則本を何冊も書き、36年のベルリン五輪競泳800メートルリレー金メダルの新井茂雄さんら多くの名選手を育てる。当時、世界に名をはせた「水泳日本」の立役者だった。斎藤さんが指導している写真を見つけた曽根さんは「すごくうれしそうな表情」と顔をほころばせた。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです