メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声届くまで

被爆74年夏/中 核禁条約に秘めた力 NPT準備委「保有国過敏に」

 米国代表「米国だけに核軍縮の焦点が当たる必要はない。イランは核不拡散の義務を守っていない」

 イラン代表「(米国は)うそつきだ」

 来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向け、米ニューヨークの国連本部で4、5月にあった準備委員会。各国代表の怒気をはらんだ言葉が飛び交い、会場にいた長崎大2年、高見すなおさん(19)=長崎市=は耳を疑った。「まさか国連がののしり合いの舞台になるなんて」

 高見さんは、長崎大と長崎県、長崎市でつくる「核兵器廃絶長崎連絡協議会」が派遣したナガサキ・ユース代表団の一人。核軍縮の国際議論を学び、核廃絶のメッセージを世界に発信するため結成され、高見さんは7期生にあたる。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです