メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

長崎線トンネル、列車に接触 国要綱に沿わず掘削 発注者の鉄道機構

 長崎市で7月、ボーリング中の掘削機がJR長崎線のトンネルを突き破り、列車に接触した事故は、乗員乗客にけが人こそなかったが、「一歩間違えば大事故につながる可能性」(石井啓一国土交通相)があった。工事発注者の鉄道・運輸機構は、トンネルの位置が誤った地形図を基に図面を作製したことが原因とするが、国の事故対策要綱に沿わず作業手順を怠ったとの指摘もあり、長崎県警は過失往来危険容疑を視野に調べている。

 事故は7月11日午前10時25分ごろ、九州新幹線長崎ルートの整備に関連して起きた渇水対策で井戸を試…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1152文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです