メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

シークレット・スーパースター インド社会の価値観、笑いと涙を交え批判

 笑いと涙でいっぱいのインド映画。そして、アーミル・カーンの作品です。

 アーミル・カーンは、この映画のプロデューサーでして、脇役としても登場しますが、この人が手がけた作品はどれもシナリオが練られていて、俳優も上手(うま)く、ボリウッド映画のなかでも抜きんでたものばかりです。

 さらに、社会批評が入っている。「きっと、うまくいく」では学歴社会、「PK」はインドにおける宗教宗派の対立というように、アーミル・カーンは、娯楽性のなかに社会風刺を交えてきました。映画における社会性の表現は映画を堅くする危険がありますが、アーミル・カーンの場合はむしろ逆に、社会性によって映画を豊かにしている。インド映画の宝、インド社会の良心です。

 主人公は14歳の少女、インシア。両親、弟、それにお祖母(ばあ)さんと一緒に、インドの小さな町ヴァローダに住んでいますが、音楽が大好き。自分で作曲して、ギターで弾いて歌います。でもお父さんがとんでもなく乱暴で、お母さんに暴力を振るうんです。インシアにも勉強しろの一点張りで、歌を歌うなんて許してはくれません。

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです