メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

シークレット・スーパースター インド社会の価値観、笑いと涙を交え批判

 笑いと涙でいっぱいのインド映画。そして、アーミル・カーンの作品です。

 アーミル・カーンは、この映画のプロデューサーでして、脇役としても登場しますが、この人が手がけた作品はどれもシナリオが練られていて、俳優も上手(うま)く、ボリウッド映画のなかでも抜きんでたものばかりです。

 さらに、社会批評が入っている。「きっと、うまくいく」では学歴社会、「PK」はインドにおける宗教宗派の対立というように、アーミル・カーンは、娯楽性のなかに社会風刺を交えてきました。映画における社会性の表現は映画を堅くする危険がありますが、アーミル・カーンの場合はむしろ逆に、社会性によって映画を豊かにしている。インド映画の宝、インド社会の良心です。

 主人公は14歳の少女、インシア。両親、弟、それにお祖母(ばあ)さんと一緒に、インドの小さな町ヴァロ…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1653文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです