メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中満泉さんから「地球を変えるあなたへ」

(5)核兵器禁止条約 被爆者の声を聞こう

核兵器禁止条約が採択され、握手を交わす被爆者の藤森俊希さん(左)とサーロー節子さん=アメリカ・ニューヨークの国連本部で2017年7月7日、三木幸治撮影

[PR]

 今年ことしも8がつになりました。今日きょう核兵器かくへいき廃絶はいぜつけた被爆者ひばくしゃ方々かたがた努力どりょくと、2017ねん7がつ国連こくれん採択さいたくされた核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやくについてかんがえましょう。

     世界せかいにはわたしたちの想像そうぞうぜっする凄惨せいさん経験けいけんをしたひとがいます。1945ねん8がつ原子爆弾げんしばくだん人類史じんるいしじょうはじめて使つかわれ、広島ひろしま長崎ながさき被爆ひばくしたひとたちもそうです。原爆げんばく犠牲者ぎせいしゃかず正確せいかくにはかっていませんが、そのねんわりまでに13万人ばんにんから24万人ばんにんくなったとわれています。

     軍縮ぐんしゅく担当たんとうであるわたしは、被爆者ひばくしゃほうはなし機会きかいがたくさんあります。まいねんニューヨークに「ヒバクシャ国際こくさい署名しょめい」をとどけてくださいますし、広島ひろしま長崎ながさきでもおにかかります。それぞれが、犠牲ぎせいになった家族かぞく最後さいご様子ようすや、自分じぶんがどうやってびたのかなどを「こんなつら体験たいけんわたし最後さいごに」という気持きもちで世界せかい発信はっしんし、核兵器かくへいきをなくす活動かつどうおおきなちからになってきました。

     被爆者ひばくしゃのサーロー節子せつこさんは、2017ねんのノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしき素晴すばらしい演説えんぜつをしました。わたしは、そのすこまえ核兵器かくへいき完全かんぜん禁止きんしする「核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやく」がつくられたとき彼女かのじょ言葉ことばわすれられません。

     「原爆げんばくくなった一人ひとりひとりが、だれかをあいし、だれかにあいされていたひとたちでした」

     被爆者ひばくしゃこえめ、核兵器かくへいき禁止きんしのため活動かつどうしてきたのが、核兵器廃絶国際かくへいきはいぜつこくさいキャンペーン(略称りゃくしょうICAN)です。世界せかい103こくから541組織そしき日本にっぽんからはピースボートや核戦争かくせんそう反対はんたいする医師いしかいなどが参加さんかしています。この活動かつどうけて122かこく賛成さんせいし、17ねん核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやくがつくられました。

     しかし、禁止きんし条約じょうやく交渉こうしょうには核兵器かくへいき国々くにぐにと、その同盟国どうめいこく不参加ふさんかでした。理由りゆうはいろいろで、日本にっぽんは「この条約じょうやくでは核兵器かくへいき保有ほゆうこく保有ほゆうこく対立たいりつふかまり、核廃絶かくはいぜつはできない」としています。

    ■絶対に使ってはダメ、を常識に

     わたし条約じょうやくをつくる最終さいしゅう段階だんかいにかかわりました。国連こくれん重要じゅうようだとかんがえ、交渉参加こうしょうさんかこくにアドバイスしたのはつぎの2てんです。ひとつは、いま核兵器かくへいき保有ほゆうこく条約じょうやくはい可能性かのうせいがなくても、保有ほゆうこくをずっと仲間外なかまはずれにするような条約じょうやくにしないこと。核兵器かくへいきくに合意ごういしなければ核廃絶かくはいぜつ実現じつげんできないからです。ふたは、すべての軍縮ぐんしゅく条約じょうやく重要じゅうような「検証けんしょう仕組しくみ」は、いそいでつくるより時間じかんをかけてしっかりつくったほうがよいということです。

     条約じょうやくは、50かこく批准ひじゅん(それぞれのこくで、国内こくないてき正式せいしきみとめること)をしてから、はじめてちから発揮はっきします。現在げんざい24かこく批准ひじゅんしています。

     わたしはこうかんがえます。たしかに、核兵器かくへいき保有ほゆうこくはいっていない条約じょうやくでは、核廃絶かくはいぜつはできません。でも、この条約じょうやくとおして「核兵器かくへいき絶対ぜったい使用しようされてはならない」とのかんがかた国際社会こくさいしゃかいひろがることはおおきな前進ぜんしんです。いまわたし一番いちばん課題かだいは、この条約じょうやくによってつくされた核廃絶かくはいぜつへの機運きうんを、来年らいねんのNPT条約じょうやく核拡散防止条約かくかくさんぼうしじょうやく)の関連かんれん会議かいぎでどうかすか、です。NPTには核兵器かくへいき保有ほゆうこく参加さんかし、核軍縮かくぐんしゅくのために努力どりょくすることが義務付ぎむづけられています。

     被爆者ひばくしゃ方々かたがた平均年齢へいきんねんれいは82さいになりました。いまのうちにみなさんに、かれらのこえみみかたむけてほしいとおもいます。

     あたま理解りかいするだけでなく、こころかんじてほしい。わかやわらかなこころつよかんじることは、きっと将来しょうらいみなさんが不可能ふかのう可能かのうにし、平和へいわ世界せかいつくっていくための原動力げんどうりょくになるとおもうからです。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです