メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ庁長官と語る 2020への決意

鈴木大地×八村塁(3)日本で過ごした中高時代

対談を前に「(背が)天井に届きそう」と八村塁選手(右)に向かって話す鈴木大地スポーツ庁長官=東京都千代田区で2019年7月24日、梅村直承撮影

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、米プロバスケットボールのNBAウィザーズに入団した八村塁選手(21)を迎えた。6月のNBAドラフト会議で日本選手初の1巡目指名(全体9位)という快挙を成し遂げて一躍、時の人となった。ウェブ詳報の第3回は、バスケットボールにのめり込んでNBAを目指すことになった中学時代や、心身共に成長した高校時代を長官と語り合った。(対談は7月24日に実施)【構成・浅妻博之、小林悠太、写真・梅村直承】

 鈴木 中学で再びバスケットボールを始めた理由を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです