メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ庁長官と語る 2020への決意

鈴木大地×八村塁(3)日本で過ごした中高時代

対談を前に「(背が)天井に届きそう」と八村塁選手(右)に向かって話す鈴木大地スポーツ庁長官=東京都千代田区で2019年7月24日、梅村直承撮影

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、米プロバスケットボールのNBAウィザーズに入団した八村塁選手(21)を迎えた。6月のNBAドラフト会議で日本選手初の1巡目指名(全体9位)という快挙を成し遂げて一躍、時の人となった。ウェブ詳報の第3回は、バスケットボールにのめり込んでNBAを目指すことになった中学時代や、心身共に成長した高校時代を長官と語り合った。(対談は7月24日に実施)【構成・浅妻博之、小林悠太、写真・梅村直承】

 鈴木 中学で再びバスケットボールを始めた理由を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです