メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
映画のミカタ

戦争風化させぬ心意気=勝田友巳

「アルキメデスの大戦」の戦艦大和轟沈場面

 映画界は戦争を忘れない。年によって増減はあっても、毎年戦争を題材にした映画が公開されている。今年の目玉は、公開中の「アルキメデスの大戦」と「東京裁判」、新旧大作だ。

 「アルキメデスの大戦」は、海軍の山本五十六が雇った天才数学者櫂(かい)(菅田将暉)が、巨大戦艦建造計画を阻止するために奮闘するお話。といっても櫂の任務は、推進派が出した安すぎる建造費見積もりのウソを暴くこと。戦争映画らしいスペクタクルは冒頭の戦艦大和沈没の場面ぐらいで、櫂は情報を集めひたすら計算に励む。本来地味な仕事をけれんみたっぷりに描いたところが新しい。同名漫画の映画化だ。山崎貴監督は1964年生まれ、娯楽大作でヒットを連発する。零戦を素材とした「永遠の0」と同様、「アルキメデス…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文822文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです