メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

テキサス乱射 「憎悪の居場所はない」 トランプ氏が犯行非難

銃乱射事件の現場となった「ウォルマート」(奥の建物)の前に献花した後、犠牲者に祈りをささげる地元の一家=米南部テキサス州エルパソで4日、福永方人撮影

 トランプ米大統領は4日、前日に南部テキサス州エルパソと中西部オハイオ州デイトンで発生した銃乱射事件を受け、「この国に憎悪の居場所はない」と述べ犯行を非難した。「適切に対処する。司法長官やFBI(連邦捜査局)長官らと何ができるか協議している」とも語り、5日に改めて声明を出すことも明らかにした。銃規制やヘイトクライム(憎悪犯罪)への連邦政府としての対応に関するものとみられるが、具体的な内容は…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです