メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
あの日を残す

長崎の証言50年/上 人の道、2000の告発 「被爆者の十字架吐露」

安日涼子さん(左)から自宅があった場所などを聞き取る長崎の証言の会の森口貢事務局長=長崎市筑後町で2019年7月、今野悠貴撮影

 「私だけが学徒動員で助かったんです。皆死んでしまって」。7月5日、長崎市筑後町の介護施設で、被爆者の安日(やすひ)涼子さん(88)が、被爆証言誌を刊行する市民団体「長崎の証言の会」事務局長の森口貢(みつぎ)さん(82)を前に、74年前の記憶を語っていた。

 安日さんは、長崎県立長崎高等女学校(当時)3年の時、爆心地から約1・3キロの三菱重工長崎兵器製作所大橋工場で被爆。雷のような閃光(せんこう)に包まれた瞬間、がれきの下敷きになった。安日さんは一命をとりとめたが、爆心地そばの自宅兼印刷工場は全壊した。

 出征中の父を除く母や姉妹ら家族6人と従業員5人が即死、逃げ延びた従業員2人も1週間後に息を引き取っ…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1142文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです