メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災遺構「仙台市荒浜地区住宅基礎」公開 元住民「生活跡感じて」 津波の恐怖も後世へ /宮城

父の重さんの遺影を手に持ち、公開されたかつての住宅跡を巡る佐藤玉枝さん=仙台市若林区荒浜で

 東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台市若林区荒浜地区に、津波で流された住宅の基礎などを保存した震災遺構「仙台市荒浜地区住宅基礎」が整備された。公開が始まった2日には、かつての地元住民や遺構を整備した市の関係者らが記念式典に出席し、「生活の跡を感じてほしい」と話した。【滝沢一誠】

 住宅基礎は、津波で流された6戸の住宅跡や、津波で削られてくぼんだ地面を手を加えずに保存。見学通路を設け、震災前までの暮らしや被災時の様子、津波のメカニズムなどを解説する看板も設置した。

 式典には震災当時まで荒浜で暮らしていた佐藤玉枝さん(62)も参加。この地に家を建て、2017年に亡…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文729文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです