メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
長崎原爆の日

歌と語りで「広島・長崎」伝え 被爆者モデルの映画も 川崎で9日 /神奈川

中村里美さんと伊藤茂利さんのライブ「いのちの音色」の様子=ミューズの里提供

 長崎への原爆投下から74年になる8月9日、川崎市中原区のエポック中原で、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」と題するライブが開かれる。ライブの後には、広島の原爆の語り部で2011年に87歳で亡くなった沼田鈴子さんをモデルにした映画「アオギリにたくして」の上映もある。

 「いのちの音色」はシンガー・ソングライターで映画プロデューサーの中村里美さん(55)とギタリストで作曲家の伊藤茂利さん(65)が08年8月6日から1000回を目指して始めたライブ活動。ヒロシマ、ナガサキの被爆者の手記の朗読やトークを交え、愛や平和をテーマにしたオリジナル曲を演奏し、全国を回っている。

 「アオギリにたくして」は、中村さんが初めてプロデュースした作品だ。モデルとした沼田さんは22歳の時…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文828文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです