メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 貴志安商店 特注車両で汚泥回収 今も現場「楽しく」研究 /和歌山

今も現場に出ることがあるという貴志安商店の貴志修三社長=和歌山市畑屋敷雁木丁で、中川博史撮影

 プラスチック製品の海洋汚染がクローズアップされている。クジラの腹の中から大量のごみが出てくる映像は、ショッキングでしかない。不法投棄は山や川でも後を絶たない--。

 貴志安商店(和歌山市)は、いくつもの種類がある産業廃棄物の中で、河川や池、水路などにたまった汚泥を専門的に回収・処理している。手を焼くのが、ペットボトルや缶、ビンなどの不法投棄物だという。

 「一番多いのはレジ袋です。家電製品や自転車なんかもよく出てきますね。大量生産・大量消費の世の中にな…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1329文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです