メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山夏季大学

閉講式 写経440巻に思い込め 参加者に修了証書 /和歌山

高野山真言宗の橋本真人・教学部長(右)に写経を手渡す石川薫さん=和歌山県高野町の高野山大学松下講堂黎明館で、北田研索さん撮影

 高野山(高野町)で3日間、開かれた第95回高野山夏季大学(毎日新聞社、高野山真言宗総本山金剛峯寺主催)は4日、著名人2人の講演で全日程を終えた。【松野和生】

 高野山大学松下講堂黎明(れいめい)館で閉講式があり、さいたま市西区の石川薫さん(63)が、参加者たちが3日間で書いた写経440巻を高野山真言宗の橋本真人・教学部長に手渡した。山内の奥の院にある弘法大師御廟(びょう)に全て納められる。あい…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです