メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清掃

身近な水辺、きれいに 県釣連盟会員ら、ごみの収集活動 和歌山市内3漁港/橋の日ちなみ、不老橋を /和歌山

海辺のごみを拾う親子連れ=和歌山市の和歌浦漁港で、木村哲人撮影

 県釣連盟(山本弘茂会長)は4日、海辺の一斉清掃「海のクリーン作戦」(毎日新聞和歌山支局など後援)を和歌山市の3漁港で実施し、会員や家族ら約70人が参加した。

 自分たちの釣り場をきれいにしたいとの思いから連盟発足当時に始まり、今回が37回目。参加者は午前5時ごろから、和歌浦、田ノ浦、雑賀崎の3漁港一帯のプラスチックごみなどを1時間半ほどにわたって集めた。

 小学生の子ども3人と参加した和歌山市福島、運送業、中後昌佳さん(45)は「たばこの吸い殻が多かった…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです