メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清掃

身近な水辺、きれいに 県釣連盟会員ら、ごみの収集活動 和歌山市内3漁港/橋の日ちなみ、不老橋を /和歌山

海辺のごみを拾う親子連れ=和歌山市の和歌浦漁港で、木村哲人撮影

 県釣連盟(山本弘茂会長)は4日、海辺の一斉清掃「海のクリーン作戦」(毎日新聞和歌山支局など後援)を和歌山市の3漁港で実施し、会員や家族ら約70人が参加した。

 自分たちの釣り場をきれいにしたいとの思いから連盟発足当時に始まり、今回が37回目。参加者は午前5時ごろから、和歌浦、田ノ浦、雑賀崎の3漁港一帯のプラスチックごみなどを1時間半ほどにわたって集めた。

 小学生の子ども3人と参加した和歌山市福島、運送業、中後昌佳さん(45)は「たばこの吸い殻が多かった…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです