メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後74年

つらい歴史、風化させまい 90歳現役、入市被爆の語り部 あす「広島原爆の日」 /鳥取

当時の広島の状況を振り返る森田繁子さん=鳥取市内の自宅で、園部仁史撮影

 74回目の「広島原爆の日」を6日に迎える。鳥取県内で被爆者手帳を持つ人は今年3月末現在226人。人数は減り、高齢化が進む。体験継承活動に取り組む県原爆被害者協議会の会員も参加できる人はわずか10人ほどに。数少なくなった語り部たちはつらい歴史の風化を懸念しつつ、わずかな機会を生かそうと活動を続けている。【園部仁史】

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです