メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国消防救助技術大会

25日に 直方・鞍手本部の消防士2人が出場へ 「感謝の気持ちで挑む」 /福岡

「ロープ応用登はん」の訓練で壁を登る永吉さん(左)と下で補助する瀬川さん=直方・鞍手広域市町村圏事務組合消防本部提供

 直方・鞍手広域市町村圏事務組合消防本部の瀬川本気(もとき)さん(25)と永吉真太朗さん(24)が、宮若市役所を訪れ、25日に岡山市で開かれる全国消防救助技術大会の「ロープ応用登はん」に出場することを報告した。

 ロープ応用登はんは、登はん者と補助者が協力して15メートルの垂直の壁を登る速さを競う。2人は、21チームが参加した5月の…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです