メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/4止 ペット、遺伝リスク除去

遺伝病の発症を避けるため、遺伝子検査をして販売されるイヌ=東京都目黒区のペットショップ「コジマ」で、北山夏帆撮影

 飲食店が密集する東京・神田の繁華街の一角。ビルの地下フロアにある一般社団法人「日本小動物繁殖研究所」には日々、全国各地から検体となるイヌやネコの血液や唾液が送られてくる。研究所が取り組むのは、検体の遺伝子を検査し、重篤な遺伝病を発症する可能性がある個体を見つけることだ。筒井敏彦所長(74)は「それらを繁殖に使わないことで、死に至るような遺伝病を減らすことができる」と話す。

 2000年代に入り、ヒトと同様にイヌやネコのゲノム(全遺伝情報)の解読も進んだ。現在までに原因とな…

この記事は有料記事です。

残り2226文字(全文2464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです