メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

慶応大生と探る未来像 技術革新で進化、多様化へ

班ごとに分かれて発表を行う学生たち=神奈川県藤沢市の慶応大SFCで2019年7月12日、山根浩二撮影

 21世紀に入り、メディアに大きな転換を迫る契機となったインターネット。各メディアでは「デジタル時代」の生き残りをかけた模索が続く。幼少期から十分なネット環境下で過ごしたデジタルネーティブ世代は、メディアの未来像をどのように描いているのか。

 慶応大湘南藤沢キャンパス(SFC、神奈川県藤沢市)で行われた講座「2050年のメディア」。総合政策学部、環境情報学部の1~4年生を対象に4~7月、計14回開かれた。9班に分かれた学生が事例研究を通してメディアの未来図を予測する実践的な講座だ。今春まで文芸春秋の編集者として主にノンフィクション作品を手がけてきた下山進さんが、特別招聘(しょうへい)教授として指導にあたった。

 「学生はコンピューターサイエンスを必修教科として学んでいる。デジタル時代に対応して、生き残るメディアの条件を学生とともに探る講座にしたい」(下山さん)

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです