メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー おばちゃん法学者の素顔/八村塁選手と鈴木長官対談/論点 核廃絶で日本がすべきこと

[PR]

 ◆ストーリー

おばちゃん法学者の素顔 11日・日曜日 1面、ストーリー面

 ヒョウ柄の洋服に身を包み、権力者の横暴を鋭く批判する「大阪のおばちゃん」こと谷口真由美さん(44)は、国際人権法が専門の法学者です。2人の子どもを育てながら、講演やメディア出演に全国を飛び回る多忙な日々を支えるのは「弱い者いじめは許さない」という信念。「オッサン社会」に論理としゃれで切り込む、その迫力の原点に迫ります。

八村塁選手と鈴木長官対談 6日・火曜日 1面、スポーツ面

 米プロバスケットボールNBAのウィザーズにドラフト1巡目指名で入団した八村塁選手(21)と、1988年ソウル五輪競泳金メダリストの鈴木大地スポーツ庁長官(52)の対談を企画しました。

 鈴木長官の質問に答える形で、八村選手が本場の米国で競技に打ち込むことを決断した胸中や来年の東京五輪への思いを語り、対談は熱を帯びていきます。

 ◆論点

核廃絶で日本がすべきこと 7日・水曜日 オピニオン面

 「核兵器のない世界」を目指し、国連で核兵器禁止条約が採択されてから2年が過ぎました。しかし、核兵器保有国と非保有国の間の亀裂はなお深く、核保有国同士で再び軍拡が始まる気配さえ漂い始めています。軍縮と不拡散を両輪とする核拡散防止条約(NPT)体制の危機が叫ばれる中、唯一の戦争被爆国・日本と世界は核廃絶にどう取り組むべきでしょうか。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです