メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読者の声

「改憲議論」に異論・反論

 参院選で安倍晋三首相は「改正をするかしないかを議論することに賛成か否かを決める選挙だ」と、憲法改正を争点に挙げました。

 結果を見て長野県の男性は「改憲勢力の惨敗」。ところが首相は「少なくとも議論すべきだという審判が下った」と評価しました。

 この発言に埼玉県の男性は「国民は改憲に必要な議席を与えず改憲を否定した」と反論、東京都の男性も「与党の政策は支持されたが改憲…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです