メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/12 大丸松坂屋百貨店 エコ徹底、旗艦店を一新

9月のリニューアルオープンを控える大丸心斎橋店本館

 米国の建築家、ボーリズが手がけた大阪市中央区の大丸心斎橋店本館が9月20日、リニューアルオープンする。関心を集めるのは、大正モダンの雰囲気をとどめる外装、内装を一部残しながら86年ぶりの建て替えに乗り出したことだけではない。環境への徹底した配慮もその一つだ。

 店内で消費する電力は水力で起こした再生可能エネルギーですべてまかない、省電力化のため明かりにはLEDを採用。屋上を緑化し、養蜂にも乗り出す。自動車も電気自動車(EV)に切り替える。大丸松坂屋百貨店(東京都江東区)が「低炭素化のフラッグシップ店舗」と位置づけるゆえんだ。

 同社はかねて環境保護活動に積極的なことで知られる。東海エリアの旗艦店である名古屋市中区の松坂屋名古…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです