メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

時超えた歌、歴史の価値実感=河瀬直美

奈良公園 飛火野にて。夕立のあとに=河瀬直美さん提供

 新作の撮影が終了してはや2カ月が過ぎようとしている。その間、120時間に及ぶ素材の整理やオッケーカットをつないで編集してゆく作業に没頭していた。

 一昨年、奈良市の高畑かいわいに一軒家を購入して、編集室にしつらえた。世界遺産の森がすぐそこにあり、春日大社や東大寺に歩いて行ける。小さなケーキ屋さんや雑貨のセレクトショップやオーガニックコットンの生地を使った良質な洋服を販売しているお店など数は多くないが、散策するには心地のいい地域である。かつて志賀直哉さんが暮らしていた住居がそのまま保存されていて内部を見学することもできる。そこには当時の文豪などが集まり、食事をしながら夜な夜な談議をしていたのだと聞く。文化が生まれる場所なのかもしれない。この地域は今回の映画のロケ地であり、その場所で映画というもうひとつの人生、世界を構築するために編集にいそしむということも感慨深い。

 自宅は奈良駅よりも北側にあるので、この編集室に向かうのに、奈良公園を通ってゆくことになる。奈良公園…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです