メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

保健室、頼れる男の先生 養護教諭、大規模校は複数配置

「目を見せてね」。保健室に来た子どもに対応する養護教諭の津馬史壮さん=岐阜市立茜部小で、細川貴代撮影

 <kyoiku no mado>

 子どものころ、誰もが一度はお世話になった「保健室の先生」。正式には「養護教諭」という。女性が圧倒的に多いが、近年は男性も少しずつ増え始めている。国の昨年度の調査では、全国の養護教諭・助教諭約4万人のうちの78人。同僚らと協力し、時に役割分担しながら、子どもたちと向き合っている。【細川貴代】

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです