メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「言葉」を考える詩集=酒井佐忠

 「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」とは田村隆一の詩篇「帰途」の中のよく知られたフレーズ。詩人は言葉に敏感な感性を持つから、逆にこのような詩句がうまれるのだろう。いま、日本の大詩人・中村稔の新詩集『むすび・言葉について 30章』(青土社)を手に、「言葉とは何か」との問いに再び立ちどまる。言葉の本質や機能、生態などについての省察を十四行詩の形式で発表しつづける詩人の三冊目、「むすび」の詩集なのである。

 「言葉は私たちが社会的な場にいるときしか機能しない。/私たちが社会から見捨てられ、孤立していると感…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです