メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
詩歌の森へ

「言葉」を考える詩集=酒井佐忠

 「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」とは田村隆一の詩篇「帰途」の中のよく知られたフレーズ。詩人は言葉に敏感な感性を持つから、逆にこのような詩句がうまれるのだろう。いま、日本の大詩人・中村稔の新詩集『むすび・言葉について 30章』(青土社)を手に、「言葉とは何か」との問いに再び立ちどまる。言葉の本質や機能、生態などについての省察を十四行詩の形式で発表しつづける詩人の三冊目、「むすび」の詩集なのである。

 「言葉は私たちが社会的な場にいるときしか機能しない。/私たちが社会から見捨てられ、孤立していると感…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文569文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです