プロ野球

DeNA3-2巨人 独走巨人、急ブレーキ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 DeNAが3連勝。三回1死一、二塁から敵失の間に1点を勝ち越し。六回に嶺井の適時打で1点加えた。5回1失点の今永が2年ぶりの2桁勝利となる10勝目。巨人は今季ワーストの5連敗。

5連敗、ベイと0.5差

 九回の巨人の攻撃も2死走者なし。この日1番に起用した亀井が二ゴロに倒れるのを見届け、原監督は足早にダッグアウト裏へ引き上げた。「選手も必死にやってますけどね。もう1本というところがね」と惜敗を振り返った。

 まさかの急失速だ。11勝(2敗)で勝ち頭・山口の故障離脱なども響き、球宴後、チームは5勝13敗。最大10・5あった2位とのゲーム差は0・5にまで縮まった。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文753文字)

あわせて読みたい

注目の特集