プロ野球

日本ハム4-3ソフトバンク 日本ハム・西川、執念の適時打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本ハムが連敗を3で止めた。1点を追う五回、西川の2点適時二塁打や大田の適時二塁打などで4点を奪った。ロドリゲスが6勝目。ソフトバンクは二保が五回に崩れ、連勝が3でストップした。

以心伝心で一矢

 ソフトバンクとの首位攻防3連戦の最後に一矢報いた。前日(3日)までの3連敗中、計4点しか奪えなかった日本ハムの打線がつながり、栗山監督は「取らなきゃいけない試合だとみんながわかっていた。頑張ってくれた」と選手たちを褒めた。

 1点を追う五回だ。先頭の石井は、相手先発の二保が投じた2球目、内角へのシュートを三塁線へ転がし、セーフティーバントで出塁。栗山監督は「(石井のプレーで)ちょっと流れが変わった」と言う。その後、1死一、三塁と好機が広がり、西川の打席を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集