メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

W杯 瀬戸、大会新でV 400個メ

男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸の平泳ぎ=久保玲撮影

 競泳のワールドカップ(W杯)東京大会最終日は4日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子400メートル個人メドレーは7月の世界選手権金メダルの瀬戸大也(ANA)が4分11秒41の大会新記録で優勝した。女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分8秒80で2位。世界選手権で4連覇を達成したカティンカ・ホッスー(ハンガリー)が2分8秒63で制した。

 男子200メートル自由形は世界選手権銀メダルの松元克央(セントラルスポーツ)が1分47秒95の4位…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです