メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験

爆心地、声も出ぬ恐怖 張本さん姉 広島・初証言

涙ながらに語る小林愛子さん=広島市中区で2019年8月4日午後2時31分、山田尚弘撮影

 「あの恐ろしくて悲しい戦争と原爆の被害を二度と繰り返してはいけないんです」。野球評論家の張本勲さん(79)の姉で、張本さんと共に広島市で被爆した小林愛子さん(81)=兵庫県加古川市=が4日、初めて古里で74年前の被爆体験を語った。ライブハウスであった催しには若者を中心に約120人が集まり、核を憎み平和を願う訴えに耳を傾けた。

 1945年8月6日午前8時15分、当時7歳だった小林さんは、5歳だった張本さんと母と3人で、爆心地…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文963文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです