立憲、国民に衆院統一会派打診「与党に対抗、強力な構えを」調整難航も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党、国民民主党の対立の構図
立憲民主党、国民民主党の対立の構図

 立憲民主党の枝野幸男代表は5日、国会内で国民民主党の玉木雄一郎代表、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)の野田佳彦代表と相次いで会談し、衆院で統一会派結成を打診した。3党派はいずれも旧民主党勢力。次期衆院選に向け、連携強化を呼びかけた形だが、立憲、国民の主導権争いが依然くすぶっており、調整は難航する可能性もある。

 「政権の選択肢としての期待と信頼を高めるには『数の力』を背景とした与党に対抗しうる強力な構えが必要だ」。枝野氏は玉木氏らとの会談で用意した文書を読み上げ、野党勢力の結集を図る姿勢を示してみせた。野田氏にも同様の呼びかけを行った。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

注目の特集