佐賀知事「急に決められても筋が違う」長崎ルートフル規格決定に怒り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
硬い表情で取材に応じる佐賀県の山口祥義知事=佐賀市の佐賀県庁で2019年8月5日午後5時1分、竹林静撮影
硬い表情で取材に応じる佐賀県の山口祥義知事=佐賀市の佐賀県庁で2019年8月5日午後5時1分、竹林静撮影

 九州新幹線・長崎ルートの未着工区間について、与党プロジェクトチーム検討委員会が5日、フル規格での整備方針を決めた。フリーゲージトレイン(FGT)開発難航の迷走を経て、ようやく与党の新方針が固まったが、地元・佐賀県はさらに反発を強める。先行きはなお見通せない。

 「フル規格(での整備)に我々は手を挙げていない。急に決められても、筋が違う」。5日夕、取材に応じた佐賀県の山口祥義(よしのり)知事は憤りをあらわにした。検討委は会合後、通常実施する報道説明を控えた。佐賀に直接伝えるまで漏…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

あわせて読みたい

注目の特集