メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模太陽光、FIT外へ 競争促す制度整備案、経産省まとめる

 経済産業省は5日、大規模事業用太陽光発電や風力発電について、固定価格買い取り制度(FIT)から段階的に自立させ、再生可能エネルギー事業者に電力市場を通じて電気を販売させるなど競争を促す制度を整備する案をまとめた。同日午後の有識者会合で示す。

 FIT制度では再エネ事業者が発電した電気を電力会社が割高な固定価格で買い取り、電気料金に上乗せして回収している。

 消費者が「賦課金」として負担する金額は2019年度に計2兆4000億円に上る見通しで、再エネの普及促進と国民負担のバランスが問われている。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 「チームを引っ張るはずが、足を引っ張っていた」は過去の話 パナソニック主将・法兼 都市対抗

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「吹田の戦争遺跡をめぐる」発行記念 歴史学び、当事者性持って 執筆者・塚崎さん講師に学習会 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです