メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証 週明け、一時500円超の下げ 円相場は一時105円台後半、7カ月ぶりの高値

東京証券取引所=2019年4月、嶋野雅明撮影

 5日の東京株式市場は、米中貿易摩擦の再燃や円高を懸念して売り注文が優勢となった。日経平均株価は続落して下げ幅は同日午後、一時500円を超えた。午前の終値は前週末終値比496円29銭安の2万590円87銭。

 トランプ米大統領が1日、9月から米国が輸入するほぼ全ての中国製品に追加関税を課す意向を表明。中国側もただちに報復を明言したことなどから投資家心理が冷え込んだ。2日…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです