メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円急騰105円台 東証2万1000円割れ NYダウ一時600ドル安

日経平均株価と対ドル円相場の推移

 5日の東京株式市場は、米中貿易戦争激化への懸念が再燃したことでほぼ全面安の展開となった。日経平均株価は一時500円超下落し、終値は前週末比366円87銭安の2万720円29銭と、6月18日以来約1カ月半ぶりに2万1000円を割り込んだ。外国為替市場では安全資産とされる円を買う動きが強まり、円相場は一時1ドル=105円台後半と1月3日以来約7カ月ぶりの円高・ドル安となった。午後5時時点の円相場は、1ドル=105円94~95銭。

 トランプ米大統領が1日、米国が輸入するほぼすべての中国製品に追加関税を課す「対中制裁第4弾」を9月…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです