巨大ITの知財吸い上げに不満 公取委調査 日本企業「アップルに折れた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アップルのロゴ=東京都中央区で、米田堅持撮影
アップルのロゴ=東京都中央区で、米田堅持撮影

 米アップルが圧倒的な力関係を背景に、日本の大手企業から部品の製造に関する技術や知識を集めている疑いが出てきた。日本政府は「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の取引公正化に向けてルールを整備中で、専門家からは「知的財産の搾取を許さないルール作りが必要」との指摘も出ている。

 「これでは知的財産の召し上げだ」。ある化学工業大手の法務担当者は、携帯電話に使用される部品のサンプルを提供する際、アップルから示された契約を見て憤った。提供された知的財産を、アップルとその関連会社が自由に使えるとの内容だったからだ。

 交渉を重ねたが、アップルに翻意する様子は見えず、最後は経営陣が「世界的な企業と取引する実績は大きなメリットがある」と折れた。ある幹部は「アップルという名前に押し込まれた。技術やノウハウはいったん明かしてしまったら守れない」と漏らした。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1207文字)

あわせて読みたい

注目の特集