アップルが日本企業と知財無償提供契約 公取委調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟=本橋和夫撮影
公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟=本橋和夫撮影

 米アップルが取引先の日本企業との間で、部品製造に必要な技術や知識を無償で提供させる契約を結んでいたことが公正取引委員会の調査で判明した。日本企業側が「知的財産権の侵害にあたる」として契約修正を求めたのに対し、取引関係解消を持ち出して押し通したとの訴えもあった。公取委は、こうした契約を押しつける行為が独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」にあたるかどうかを精査している。

 公取委が昨秋実施した企業間取引に関するアンケートと、その後の聞き取り調査で明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1202文字)

あわせて読みたい

注目の特集