メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米テキサス乱射 「国内テロ」で捜査 ネット声明文は容疑者投稿

 米南部テキサス州エルパソで3日午前(日本時間4日未明)、男が銃を乱射し、20人が死亡、26人が負傷した事件で、地元の司法当局は4日、「国内テロ」として捜査していると明らかにした。米ニューヨーク・タイムズ紙によると、事件直前に出された移民排除を主張する声明文は、現場で拘束された同州のパトリック・クルシウス容疑者(21)が書いたものと確認された。連邦捜査局(FBI)などは中南米系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)などの疑いで調べている。

 事件は3日午前10時半ごろに発生。4ページの声明文は、最初の通報の19分前に「8chan」と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです