「この国に憎悪の居場所はない」トランプ氏、二つの銃乱射事件を非難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=AP
トランプ米大統領=AP

 トランプ米大統領は4日、前日に南部テキサス州エルパソと中西部オハイオ州デイトンで発生した銃乱射事件を受け、「この国に憎悪の居場所はない」と述べ犯行を非難した。「適切に対処する。司法長官やFBI(連邦捜査局)長官らと何ができるか協議している」とも語り、5日に改めて声明を出すことも明らかにした。銃規制やヘイトクライム(憎悪犯罪)への連邦政府としての対応に関するものとみられるが、具体的な内容は…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集