メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銃乱射乗り越え「愛で対抗」 献血に住民ら行列 米テキサス20人死亡

銃乱射事件の追悼集会で住民たちは手を取り合い、団結を誓った=米南部テキサス州エルパソで2019年8月4日、福永方人撮影

 20人が死亡し、26人が負傷した米南部テキサス州エルパソでの銃乱射事件は、米国史上初めて中南米系移民を標的にした「国内テロ」として捜査が進む。中南米系移民が8割を占める街には動揺が広がったが、事件を乗り越えようと市民が団結する動きも強まっている。移民の共同体の「誰も排除しない」という姿勢は揺らいでいない。【エルパソ福永方人】

 事件から一夜明けた4日、現場の小売店「ウォルマート」の前には住民が次々と献花などに訪れた。犠牲者に…

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2388文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです