メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米銃乱射 移民に仕事を奪われる…容疑者がネット掲示板「8chan」に残した憎悪に満ちた声明文

白人至上主義や憎悪犯罪による主な殺人事件

 「扇動者は彼らであって、私ではない」。パトリック・クルシウス容疑者(21)は事件直前、インターネット上の掲示板に約2300語に及ぶ声明文を投稿していた。投稿は事件発生の通報があった19分前。増加する中南米系の移民らを「侵略者」と呼び、憎悪に満ちた声明文には、彼らに仕事や教育機会を奪われるという一方的な憤りや焦りがにじみ出ている。

 米メディアによると、容疑者はテキサス州ダラス近郊にあるコミュニティーカレッジに今春まで在籍していた…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1171文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです