メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「デジタルアートミュージアム」インバウンド観光の新名所に お台場

日本の田園風景をモチーフにした作品は、映像の変化により季節の移り変わりを表現する=江東区青海1で、2019年6月24日午後3時38分、川村咲平撮影

CG駆使した作品人気 1年で230万人

 最新のデジタル技術を駆使したお台場の美術館に、開館から1年で230万人が訪れた。うち半数は海外からとみられ、インバウンド(訪日外国人)観光の新名所としての存在感が高まっている。

 この美術館は東京都江東区青海1の「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソンチームラボボーダレス」。複合商業施設「お台場パレットタウン」にあり、森ビルとアート集団「チームラボ」が共同で運営している。

 館内に順路や地図はなく、来場者はコンピューターグラフィックス(CG)を駆使した60を超えるアート作…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文804文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです